【徹底レビュー】ニコンZ50 -1.外観・操作性編-

こんにちは、しちみです。

ニコンZマウントの中でも人気のAPSCカメラ、Z50を使う機会があったので、レビューしてみたいと思います。

Z50は2019年発売のモデルですが、発売から2年たった今でもZマウントのAPSCカメラとして、現役のモデルです。

七味
七味

完成された性能、安価、小型軽量の3点で人気の機種ですね!

その後、クラシックカメラスタイルのZfcが2021年に発売されましたが、外観が変わっただけで中身はZ50のままと言われています。

ニコンのカメララインナップについてはこちらの記事をご覧ください。

今回はZ50の外観と操作性について徹底的にレビューします。

この記事でわかること

・ニコンZ50の外観の詳細
・ニコンZ50の操作性について

それでは、カメラ歴15年、フォトマスター1級のしちみがお送りします。

1.徹底レビューニコンZ50外観・操作性編

1-1.正面

ニコンZ50カメラボディの正面写真(レンンズつき)

キットレンズの16-50mmを装着した状態の正面写真です。

従来の一眼レフD7500などを踏襲したニコンらしいデザインですが、これまでに比べ洗練されシンプルになった印象です。

外観上で気づく点としては、いままで右上にあった機銘版(Z50のバッジ)が右下に移動しています。

またこれまで正面から見えるグリップの上部にあったニコン特長の赤ラインが、正面からは見えない左側に移動しました。

操作系については、グリップした状態で右手で押せるFn1/Fn2ボタンの位置が変わりました。D7500より押しやすくなったと思います。

レンズリリースボタンは、ZマウントになってもこれまでのFマウントと同じ右側真ん中の位置にあり、変わっていません。

レンズ交換する際は、左手でこのボタンを押して右手でレンズを回す同じ操作で交換できます。

ニコンZ50カメラボディ(レンズを外した状態)

レンズを外してみたところです。

これまでのFマウントより大きくなり、各社フルサイズミラーレスマウントの中で最大のZマウントの大きさが目を引きますね。

電子接点は、Fマウントと同じ上部にあります。

細かい点ですが、マウントの係合爪の数がFマウント3か所から、Zマウント4か所に増え、信頼性が増しました。

マウントの種類についてはこちらの記事をご参照ください。

1-2.側面グリップ側

ニコンZ50カメラボディをグリップ側から見たところ

グリップ側から見たところです。

Z50のグリップは小型bodyながら深く、かなり握りやすいです。

タバス子
タバス子

女性など手の小さな人には大きすぎず小さすぎずちょうどよい深さです。

一方高さが低くなったぶん、小指が余ってしまいます。

小指までしっかりかけて撮りたい方には、下記のようなエクステンショングリップをおすすめします。

\4日間限定配送料無料!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!

1-3.側面インタフェース側

ニコンZ50カメラボディのインターフェース側写真

外部インターフェース側の側面写真です。

MIC入力端子とUSB micro B、HDMI mini端子があります。

USB端子は現在主流のtype Cではないのが若干残念です。

USBからBodyだけ充電できます。(専用の充電アダプターも付属します)

ニコンZ50カメラボディの端子蓋をあけたところ

端子蓋を開けたところです。

端子蓋はよくあるエラストマータイプのもの(ゴム様のくっついている蓋)です。

使い勝手がいいとは言えませんが、しっかり閉めることを気を付ければ使用上問題になることは無いと思います。

液晶パネルはバリアングルではなくチルトタイプなので、これらの蓋が干渉することはありません。

1-4.背面

ニコンZ50カメラボディを背面から見たところ

背面から見たところです。

一眼レフ時代のニコン機では液晶パネルの左側にメニューボタンなど主要なボタンが配置されていたので、左手で操作する必要がありました。

ミラーレスになりすべて右側に配置されるようになってので、すべての操作が右手で完結し使いやすくなったと思います。

また、左肩にあったモードダイヤルが右肩に移動したのも変化点です。左肩がすっきりしました。こちらも右手で操作が完結するのでいい改善点です。

一つ気になる点は画像の拡大縮小やDISPボタンが物理ボタンではなく、画面のタッチパネルになったことです。最初は少し戸惑いましたが、慣れれば問題ないでしょう。

また、ニコン機の特長として、OKボタンの周りのキーが、回らない固定タイプのボタンになっています。キヤノンやソニーなど他社はここがくるくると回るタイプなので、他社を併用していると戸惑うことがあります。

ここも慣れの問題ですが、個人的には画像の再生時やメニュー送り時などに早く送ることができるので回転タイプが好みです。

ボタンの押し心地については、ストロークの浅いほうだと思いますが、クリック感がしっかりあり押したことが分かりやすいので特に問題は感じませんでした。

ニコンZ50カメラボディの液晶パネルを上側に向けたところ

液晶パネルを上側いっぱいに向けたところです。

90度以上しっかり角度を付けられるので、低アングル撮影も問題ありません。

ニコンZ50カメラボディの液晶パネルを下側に回転させたところ

反対側の下側に回転させたところです。

自撮りもできる180度回転位置まで動かすことができます。

ただし、下側にパネルが来るので、ジンバルやシューティンググリップを付けた状態だと干渉したり画面を見ることができません。

動画での自撮りは難しいかもしれません。

ニコンZ50カメラボディの液晶パネルを180°回転した時の背面側

180度回転時の背面側です。

チルトヒンジは程よいトルク感で動かしやすいです。

1-5.ダイヤル・シャッターボタン

ニコンZ50カメラボディを上部から見たところ

上部から見たダイヤル類の配置です。

全ての操作部材が右側に寄せられたので、右手で操作が完結するため使いやすくなったと感じました。

動画Recボタンも、背面ではなく上部のシャッターの近くに配置されたのも個人的には使いやすいです。

動画と静止画の切り替えがモードダイヤルと別になったもの好印象です。

一方ダイヤルのトルクが少し弱く感じました。気付かないうちに誤動作で回転することがありそうだと思いました。

ニコンZ50カメラボディのシャッター部分

シャッターは若干軽めに感じます。

個人的にはもう少し深くて反力を感じるほうが好みですが、好みの問題で使用上特に問題は無いと思います。

1-6.他機種とサイズ比較

α7IVとサイズ比較してみます。

それぞれのサイズ、バッテリ・SDカード込み質量はこちらの通りです。

サイズ質量
Z50幅126.5x高さ93.5x奥行き60 mm450 g
α7IV幅131.3x高さ96.4x奥行き79.8 mm658 g
ニコンZ50とソニーα7Ⅳの本体

正面から見たところです。

bodyのサイズはZ50がAPSCということもありだいぶ小さいです。

一方、ソニーEマウントと比較してニコンZマウントの大きさが際立ちますね。

特にAPSCセンサだと十分な余裕があるように見えます。

ニコンZ50とソニーα7Ⅳの本体を上部から見たところ

上部から見たところです。

Z50はボディ内手振れ補正なし、α7IVはボディ内手振れ補正ありということもあり、ボディの厚さがだいぶ異なります。

一方グリップの深さはそこまで大きく変わらないことが分かります。

両機種ともグリップの感触は良く持ちやすいです。

▼APSCとはなんぞやという方はこちら

1-7.キットレンズ

最後にキットレンズDX 16-50mm F3.5-6.3 の外観もお伝えします。

DX 16-50mm F3.5-6.3 の外観

このレンズは沈胴収納タイプとなっており、上記は収納状態の図です。

レンズを16mm位置まで繰り出さないと撮影できません。

フィルタねじにねじ込むタイプのフードが取りつきます。

フードを取り付けた時はフードの上からレンズキャップや保護フィルタを取り付けることができます。

DX 16-50mm F3.5-6.3 を伸ばしたところ

こちらはワイド端16mm時の状態です。

そこそこ伸びることが分かります。

DX 16-50mm F3.5-6.3 を伸ばしたところその2

テレ端50mmの状態です。

ワイド端とほとんど長さが変わりません。

ワイドからテレに行く間に一度縮んで再度伸びる仕様です。

2.まとめ

シチミカメラ:Z50 50m 絞り優先オート(F6.3・1/4000秒) ISO1400

今回のレビュー開封編では、

・ニコンZ50の外観
・ニコンZ50の操作性

について詳しく見ていきました。

一眼レフのD7500から小型軽量になったうえ、操作性も大きく進化しており、使いやすくなっていると感じました。

エントリー層向けのAPSCカメラとしては完成度が高く、上級者の方でも納得して使ってもらえるサブカメラになり得ると思います。

今後もZ50の機能や実際に撮影してみての感想などレビューしていきたいと思います。

今回レビューしたカメラはこちら
¥92,999 (2022/07/23 11:28時点 | Amazon調べ)
\4日間限定配送料無料!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!
▼ニコンZマウントのカメララインナップはこちら
▼Z50での撮影はこちら
▼ソニーα7Ⅳのレビューはこちら
タイトルとURLをコピーしました