【購入決定】iPhone14/14Proカメラ性能の進化を徹底解説【iPhone13・ミラーレスとも比較】

この記事でわかること
  • iPhone14/14proの進化したカメラ性能
  • iPhone14/14proのカメラ性能のミラーレス一眼カメラとの比較

2022年9月16日にとうとうiPhone14/14proが発売されました。

新機種が出るたびにカメラ性能の進化が目覚ましいiPhone。

今回のiPhone14/14proも大幅な進化を遂げているようで、カメラ性能がどれくらい上がったか気になりますね。

果たして旧製品のiPhone13/13proと比較して買い替える価値があるか?
また、専門のミラーレス一眼カメラと比較して画質はどうか?

本記事は事前に発表されている情報からiPhone14/14proのカメラ性能について事前レビューしてみたものです。
⇒購入後の記事は【iPhone 14 Pro/Pro Max】カメラ性能徹底レビュー!作例で解説

最後にずばりiPhone14/14proはカメラ性能を目的に買いかどうかを結論付けます!

それでは、カメラ歴15年、フォトマスター1級のしちみがお送りします

\iPhone14Proがあればミラーレス一眼はいらない!?/

1.iPhone14/iPhone14proの進化したカメラ性能を徹底解説

iPhone14/14proの進化したカメラ仕様を徹底解説していきます。iPhone13/13proと比較します。

青字が進化点です。

iPhone14/14proのカメラ仕様まとめ
機種名iPhone13iPhone14iPhone13proiPhone14pro
Applestore価格\107,800~\119,800~\144,800~\149,800~
マクロ撮影
動画撮影モード4K60fps4K60fps4K60fps4K60fps
手振れ補正
センサーシフト
〇(第二世代)
手振れ補正
動画アクションモード
RAW撮影

▼メインカメラ

機種名iPhone13iPhone14iPhone13proiPhone14pro
センサーサイズ1/1.9インチ1/1.7インチ1/1.7インチ1/1.3インチ
センサー画素数1200万画素1200万画素1200万画素4800万画素(RAW)
1200万画素(JPEG)
レンズ焦点距離26mm26mm26mm24mm 48mm(切り出し)
レンズF値F1.6F1.5F1.5F1.78
iPhone14/14proのカメラ仕様まとめ メインカメラ

▼超広角カメラ

機種名iPhone13iPhone14iPhone13proiPhone14pro
センサーサイズ1/3.4インチ1/3.4インチ1/3.4インチ1/2.5インチ
センサー画素数1200万画素1200万画素1200万画素1200万画素
レンズ焦点距離13mm13mm13mm13mm
レンズF値F2.4F2.4F1.8F2.2
iPhone14/14proのカメラ仕様まとめ 超広角カメラ

▼望遠カメラ

機種名iPhone13iPhone14iPhone13proiPhone14pro
センサーサイズ1/3.6インチ1/3.6インチ
センサー画素数1200万画素1200万画素
レンズ焦点距離77mm77mm
レンズF値F2.8F2.8
iPhone14/14proのカメラ仕様まとめ 望遠カメラ

▼インカメラ

機種名iPhone13iPhone14iPhone13proiPhone14pro
センサーサイズ1/3.6インチ1/3.6インチ1/3.6インチ1/3.6インチ
センサー画素数1200万画素1200万画素1200万画素1200万画素
レンズ焦点距離23mm23mm23mm23mm
レンズF値F2.2F1.9F2.2F1.9
iPhone14/14proのカメラ仕様まとめ インカメラ

画角

画角とは、カメラで撮影する際の写真に写る範囲のことです。
関連記事【徹底解説】焦点距離と画角

画角が大きくなると、写真に納まる範囲が広くなり被写体が小さく写ります。
画角が小さくなると、写真に納まる範囲が狭くなり被写体が大きく写ります。

画角が大きくなると、写真に納まる範囲が広くなり被写体が小さく写ることを表現した図
画角が大きくなると、写真に納まる範囲が広くなり被写体が小さく写る
画角が小さくなると、写真に納まる範囲が狭くなり被写体が大きく写ることを表現した図
画角が小さくなると、写真に納まる範囲が狭くなり被写体が大きく写る

iPhone14、iPhone14proそれぞれの画角を見ていきます。

iPhone14の画角

iPhone13からの画角の変更はありません。

従来通り焦点距離が13mmと26mmの2つの画角です。

これはカメラの性能として考えると、遠くを撮りたい時や背景をぼかしたいときに少し物足りないかもしれません。

iPhone14proの画角

出典:apple

一方、iPhone14proはメインカメラが26mmから24mmに広角化されました。

また、イメージセンサ―が大きくなり、画素数が4倍に増えたため、中央の切り出しズームが使えるようになり、48mmという画角が追加されました。

超広角13mmと望遠77mmには変更ありません。

iPhone14proは13mm/24mm/48mm/77mmの4つになり、iPhone13proより画角が増えています。

iPhone13proiPhone14pro
13mm
26mm

77mm
13mm
24mm
48mm
77mm

これまでのiPhoneでは、一般的によく使う標準画角(26mmと77mmの間)がなかったためやや使いにくいこともありましたが、48mmが増えたことでぐっと撮影シーンが増えると想定されます。

とても嬉しい進化点です。

一方望遠側77mmが据え置かれたのは少し残念です。

77mmという画角はスナップやポートレートには適していますが、運動会や動物、飛行機等遠くのモノを撮りたい時にはまだまだ足りません

実物が手元に届いたら、電子ズームがどこまで使いものになるか試してみたいと思います。

画質

画質の進化についてそれぞれ見ていきます。

iPhone14の画質

メインカメラのセンサーサイズが大きくなり、レンズのF値も少し明るくなっています。

これによってノイズが減り、暗いシーンでも画質の改善が期待できます。

ちなみに、これはiPhone13proのカメラと全く同じ仕様のようです。上位機種のカメラが採用されたというのは嬉しい進化点です。

iPhone14proの画質

出典:apple

一方、iPhone14proは大きな画質の進化が見込まれます。

まず、画素数が1200万画素→4800万画素といきなり4倍になりました。

画素数
センサーに並んだ、光をデジタル信号に変える画素の数のこと

画素数が増えると一見画質がよくなるように思いがちですが、実は高画素になるほどひとつひとつの画素が光を受ける面積が小さくなり、ノイズが出るなどの影響を受けがちなんです。

画素数とイメージセンサーの関係を表した図

画素数を増やしつつ画質を下げないためには、センサーサイズを大きくする必要があります。

そこで、メインカメラはのセンサーサイズが大きくサイズアップ!

1/1.7インチ → 1/1.3インチ

これはソニーのRX100シリーズなど高級コンデジの1インチに近づく大きさです。

iPhone14proとミラーレスカメラやiPhone13proとのセンサーサイズの比較図

ちなみに、フルサイズカメラのα7IV iconが3300万画素なので、画素数だけみるとそれより上回っています。センサーサイズは1/1.3とフルサイズに比べるとまだまだ小さいので、ノイズが多くなりそうですが、どれくらい画質に差があるか比較してみたいです。

一般的なカメラは撮った画を基本的にはそのまま写真として出力します。

一方iPhoneは、一般的なカメラほどの高性能なレンズや大きなセンサーを搭載することはできないため、シャッターを押した瞬間から写真を解析してノイズ除去・合成など画像処理するソフトウェアでの描写力を高めてきました。

進化したソフトウェアの補正力でハードウェアの差をどれくらい埋めることができるか気になります。

出典:apple

また、超広角カメラもセンサーサイズが大きくなりました。

1/3.4インチ → 1/2.5インチ

こちらもノイズが小さくなって画質の改善が見込まれます。早く試してみたいですね。

最後にインカメラです!こちらはiPhone14もiPhone14proもレンズがF2.2 → F1.9と明るくなりました。

F値
レンズから入る光の量を調整する絞りの値。小さいほど明るくボケやすくなる。

また、これまでパンフォーカス(固定フォーカス)だったのが、オートフォーカスとなったようです。自撮り時の画質がよりシャープになることが期待できます。

LINE電話やFacetimeの時なども、相手から見える画質が良くなるので、相手からも喜ばれるでしょう。

動画性能

出典:apple

カメラの性能が上がったことで、動画の画質ももちろん改善が期待できます。

また、フォーマットは4K60fpsと変更なく、これまで同様高品質な動画が撮影できます。

ところで、動画まわりで注目すべきはiPhone14・iPhone14proともに追加になった、アクションモードという動画撮影時の手振れ補正機能です。歩き撮りのときに手振れをしっかり抑えてくれるようです。

スマホでの動画撮影は動きながらということが多いので、大いに期待したいです。

歩き撮りの手振れ補正といえば、ミラーレスカメラのα7IVやZV-E10のアクティブ手振れ補正が定評ありますので、機能比較もしてみたいです。

その他気になる機能

iPhone14proに引き続き搭載されたマクロ機能が気になります。

超広角カメラの画質アップが期待できるため、マクロ機能がより使えるものになっていることでしょう。

ただ、撮影倍率がどれくらいかが公表されていないため、実際に検証して確認してみる予定です。

また、iPhone14proで引き続き搭載されたRAW撮影モードも進化が気になります。

4800万画素の高画素を生かした圧倒的に高精細な画像が撮れます。

Photoshop expressなどアプリを使えば、RAW現像もスマホ上で簡単にできますので、自分好みの写りを実現できるRAW撮影も気軽に楽しめることでしょう。

ずばりiPhone14/14proは買いか?

カメラ性能の進化に特化してずばり買いかどうか結論を出します。

iPhone14proは買い!

iPhone14はステイ。

iPhone14proは4800万画素の超高画素化したセンサーを始め、カメラ性能の進化点がすさまじいです。

スマホでの写真撮影、動画撮影に期待している方は、iPhone14proは間違いなく買いでしょう。

iPhone14もいくつか画質的な進化点はありますが、iPhone13より劇的に進化しているわけではないので、ステイとしました。カメラ性能観点だけで見れば、値下がりするiPhone13proとの違いが少ないためです。

もちろん、新製品にはカメラ性能以外の進化点もたくさんありますので、気になる方は調べてみてください!

2.まとめ

この記事では

  • iPhone14/14proの進化したカメラ性能
  • iPhone14/14proのカメラ性能のミラーレス一眼カメラとの比較

をご紹介しました。

iPhone14proはカメラ性能の進化がすさまじく、本当に楽しみですね。

手元に届きましたので、ミラーレス一眼カメラα7IV iconとの性能比較も行って、果たしてiPhoneはミラーレス一眼カメラにどれくらい近づいたのかを検証しました。

個人で高価なiPhone14Proを事前に試すなら老舗カメラレンズレンタルのAPEX RENTALS がおすすめ。

  • 個人向けのiPhone14Proレンタル取り扱いはまだほとんどない
  • オプションでSIMカードもレンタル可
遷移先:APEX RENTALS

関連記事【カメラレンズレンタル】APEX RENTALS利用レビュー
関連記事【2022最新】おすすめカメラレンズ機材レンタル比較20選

タイトルとURLをコピーしました