【カメラ初心者】どっちを選ぶ?一眼レフとミラーレス【違いも分かる】

こんにちは七味です。

タバス子
タバス子

「一眼レフカメラ」と「ミラーレスカメラ」ってどう違うの?今から始めるならどちらを選べばいいの?

七味
七味

その疑問お答えします!

この記事でわかること

・一眼レフカメラとミラーレスカメラの構造の違いとそれぞれの特徴
・初心者におすすめのミラーレスカメラ

それでは、カメラ歴15年、フォトマスター1級の七味がお送りします。

1.「一眼レフカメラ」と「ミラーレスカメラ」の違い

デジタルカメラにおいて、「一眼レフカメラ」と「ミラーレスカメラ」の最大の違いは、ミラーがあるかないかです。

ミラーがあるほうが「一眼レフカメラ」ミラーがないほうが「ミラーレスカメラ」です。

それぞれの構造と特徴を知ることで、自分に合うのはどちらかがわかります。では、詳しく見ていきましょう。

1-1.「一眼レフカメラ」の構造と特徴

構造一眼レフカメラはカメラボディ内に反射ミラーがあります。

専門的には下図のとおりです。読み飛ばしても大丈夫です。

シチミカメラ‐「一眼レフカメラ」の構造

特徴

メリット

・光学式ファインダ―(OVF) を通して被写体の像を直接的に見ることが出来る。ファインダーが見えやすい。遅延がない。
・位相差センサーに常に光が到達しているため、AFが早い。ピントが合うのが早い

デメリット

・機械内部にミラーが存在するため、カメラボディが大きい
・撮影の際、ミラーアップするため振動が大きい。撮影音が大きい。(特に連射の際)
・ミラーアップすると一時的にファインダーがブラックアウトし見えなくなる

1-2.「ミラーレスカメラ」の構造と特徴

構造ミラーレスカメラは、ボディ内に反射ミラーがありません。そのためボディの構造が非常にシンプルになっています。

専門的には下図のとおりです。読み飛ばしても大丈夫です。

シチミカメラ‐「ミラーレスカメラ」の構造

特徴

メリット

・ミラーがないためカメラボディが小さい
・ミラーアップの動作がないため、完全サイレント撮影ができる。振動もない。
・撮影中でもファインダーがブラックアウトすることがなく常に被写体を見続けることができる

デメリット

・一眼レフカメラの光学式ファインダー(OVF)に比べると、電子ビューファインダー(EVF)は表示の遅延があったり画質が粗かったりする(見えづらい)
・一眼レフカメラの位相差AF方式にくらべると、コントラストAFはフォーカスが遅い。(ただし、像面位相差AFであればフォーカス速度は速くデメリットにはならない)
・電源をつけている間は、常にイメージセンサからの画像信号を処理してEVFに映像を表示し続けているためバッテリの消耗が早い

以上、一眼レフカメラとミラーレスカメラの構造の違いと特徴をご説明しました。

それでは、今からカメラを始める方におすすめなのはどちらでしょうか。

2.今からカメラを始める場合どちらを選べばいいか?

今からカメラを始める方におすすめするのは、ずばり「ミラーレスカメラ」です。

2-1.ミラーレスカメラがおすすめ

ミラーレスカメラをお勧めする理由は以下の5つです。

①小型軽量

ずばり構造的に小型軽量にできることです。常に持ち歩いたり、外に持ち出すことの多いカメラにとって、ボディが小さく軽いことは最大のメリットです。

②完全なサイレント撮影ができる

こちらもミラーレスカメラの構造的な特徴ですが、完全に無音で撮影することができるため、発表会やテニスやゴルフなどの音が出せないスポーツシーンではミラーレスでしか撮れない場面があります。

③連射速度が速い

動くものを撮影する時のメリットですが、構造的にミラーがないため連射速度が速いです。一眼レフはどうしても物理的にミラーが動くことが制約となり、連射速度が劣ります。

④連射時ファインダーがブラックアウトしない

こちらも動くものを撮影する時のメリットですが、連射時にファインダーがブラックアウトしないため、常に被写体を捉え続けることが出来ます。また撮影時に違和感も感じません。

⑤主力メーカーが各社力を入れて開発している

これもミラーレスカメラをお勧めする大きな理由ですが、最近のカメラ市場の流れは、一眼レフカメラからミラーレスカメラに大きくシフトしており、主力カメラメーカーはミラーレスカメラの製品開発に注力しています。

その証拠に、ミラーレスカメラで先行するソニーは2016年を最後に、老舗のニコンとキヤノンも2020年2月を最後に、一眼レフカメラのリリースがありません。一方ミラーレスカメラは年に2~3機種発売しており、今後の発展も予想できます。

2-2.それでも一眼レフもいいと思う

これから始める方にはミラーレスカメラをおすすめしていますが、一眼レフカメラにしかない魅力もあります。

それは、ミラーが駆動することに起因する心地よいシャッターの感覚や、写真をしっかり撮っている感覚が感じられることです。

一眼レフカメラが機能や性能的にミラーレスカメラに劣ることはあまりありません。今でもどんな撮影シーンでも十分対応できるでしょう。ただちょっと、大きくて重いだけ

一眼レフカメラの全盛時代は長かったので、これまで培ってきた多くのレンズ資産があります。カメラにはまっていた身内などから譲り受けることもあるかもしれません。

腰を据えてじっくり写真を撮りたい人や、自分のペースでカメラを楽しんでいきたい方には一眼レフも十分おすすめできます。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、以下のことをお伝えしました。

・一眼レフカメラとミラーレスカメラの構造の違いとそれぞれの特徴
・初心者には比較的軽くてコンパクトなミラーレスカメラがおすすめ
・一眼レフカメラも特徴を分かったうえで使う人にはおすすめできる

ご自分に合ったカメラを探す一助となれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました