ソニーEマウント|おすすめの3rd partyレンズ3本【ステップアップ】

α7Ⅳのおすすめ3rd partyレンズ

こんにちは、しちみです。

カメラ初心者でα7IVを検討している人、もしくは既に購入した人のおすすめの3rd partyレンズは?という疑問にお答えします。

今回はα7IVだけではなくソニーフルサイズ機のどれに付けるのもおすすめできる、3rd partyレンズを3本ご紹介します。

この記事でわかること

・ソニーα7IVに付けるおすすめの3rd partyレンズ

それでは、カメラ歴15年、フォトマスター1級のしちみがお送りします。

1.α7IVにおすすめの3rd partyレンズ3本

α7IVにおすすめの3rd partyレンズは次の3本です。

それぞれのレンズの紹介とおすすめする理由を述べたいと思います。

1-1.SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN|大三元なのに小型

名称28-70mm F2.8 DG DN(型名:C021)
Amazon
楽天
Yahoo
対応フォーマットフルサイズ最大撮影倍率1:3.3 (W) – 1:4.6 (T)
焦点距離28-70mmフィルター径Φ67mm
開放絞りF2.8手振れ補正レンズ内手ブレ補正方式
最小絞りF22サイズΦ72.2 x 103.5mm
絞り羽根9枚質量約470g
最短撮影距離0.19m(W)~0.38m(T)発売時期2021年3月
シグマオンラインショップ価格:99,000 円(税込)  ※2022/7/18時点
おすすめの理由2点

①F2.8通し標準ズームとして最も小型軽量
②価格の安さ

それぞれ見ていきましょう。

①F2.8通し標準ズームとして最も小型軽量

F2.8通しのズームレンズと言えば、大三元とも呼ばれる憧れの最高峰レンズです。その明るさと写りの良さと引き換えに、通常は高くて重くて大きいというのが常識でした。

大三元レンズ
開放F値2.8通し(ズームしても明るさが変わらない)のレンズのこと。広角・標準・望遠の3本をまとめていい、各メーカーの技術力が詰まっている。麻雀の役名大三元(最上手の役満を表す単語)に由来と言われる。

このレンズはその常識を覆す、超小型軽量の大三元レンズです。

例えばソニー純正レンズと比べると、24mmスタートとより広角ではありますが、ソニーEマウントのFE 24-70mm F2.8 GMが、サイズΦ87.8×136、質量886gという大きさです。

今ご紹介しているシグマのこのレンズは重さで言うと約半分の470gです。どれくらいこのレンズが驚異的か分かると思います。500gを切ると、つけっぱなしにして日常使いにもできる重さです。

また、F2.8という明るさがあるので、暗い室内での撮影や子供やペットなど動く被写体の撮影にも最適です。

これまで敷居の高かった大三元レンズですが、初心者の方にも十分おすすめできるレンズです。

②価格の安さ

サイズもさることながら、特質すべきは価格です。

約11万円と純正レンズの半額以下です。

価格の面でもなかなか手の出なかった大三元レンズですが、このレンズはステップアップとして2本目、3本目としても入手しやすい低価格になっています。

大三元レンズの写りを気軽に試してみたい、という方におすすめです。

苦手なシーン・物足りないところ

F2.8通しという明るさは魅力的ですが、はやり1本で使うには28mmスタートという広角側の焦点距離には物足りなさを感じるかも知れません。

24mmというWIDE画角スタートというのが最近の標準ズームレンズのスタンダートです。

28mmはスナップやポートレートには十分使えますが、風景・夜景や集合写真となるともっと広く撮りたいことが多くなるでしょう。

これを1本で使うというよりは、広角のズームや単焦点レンズとセットで持ちだすのがよいです。

またE-mountはオープンマウントということで、最低限の動作保証はされていますが、最新ボディでの新機能などには非対応なことが多いです。

例えば2021年12月に発売されたα7IVのアクティブ手振れ補正やブリージング補正には十分対応していないので、特に動画撮影をされる方は純正レンズを選んでおくことをおすすめします。

\4日間限定配送料無料!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!

1-2.TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2|写り重視小型大三元

名称28-75mm F/2.8 Di III VXD G2(型名:A063)
Amazon
楽天
Yahoo
対応フォーマットフルサイズ最大撮影倍率1:2.7 (WIDE) / 1:4.1 (TELE)
焦点距離28mm-75mmフィルター径Φ67mm
開放絞りF2.8手振れ補正なし
最小絞りF22サイズΦ75.8 × 117.6mm
絞り羽根9枚質量約540g
最短撮影距離0.18m(W)~0.38m(T)発売時期2021年10月
タムロンオンラインストア価格:104,500円(税込)  ※2022/7/18時点
おすすめの理由2点

①写りの良さ
②小型軽量低価格

それぞれ見ていきましょう。

①写りの良さ

先ほどおすすめしたSIGMAのレンズに対するこのレンズの有利な点は、ずばり写りの良さです。

F2.8通しの大三元レンズに求めるものは、画質だという人が多いですが、そういう要望に応える仕様になっています。特にtele端75mm側のMTF性能は周辺まで高い解像性能を保っており、驚異的です。

画質重視という方には、こちらのTAMRONレンズをおすすめします。

またこのレンズはフォーカスにリニアモーターを採用しており、AF速度が速いことも特長です。子供やペットなど動きものを撮る方にもおすすめします。

②小型軽量低価格

写りの良さは特筆するものがありますが、それでいて十分小型軽量、低価格に収めていることもこのレンズの特長です。

SIGMAには見劣りしますが、それでも重さは550gと、日常使いにも許容できる範囲です。

価格も純正大三元レンズの約半分。初心者の方にもおすすめですし、特にF2.8特有の画質を求める方にマッチするでしょう。

苦手なシーン・物足りないところ

SIGMAレンズ同様広角側が少し物足りなく感じるかもしれません。

すでに24mmあたりのレンズを持っている方には、十分おすすめできます。

また、こちらもSIGMA同様3rd partyということによる機能制限もありますので、そのあたりを理解した上で多少割り切って使う分にはよいでしょう。

\4日間限定配送料無料!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!

1-3.TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD|小型軽量便利ズーム

名称28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD(型名:A071)
Amazon
楽天
Yahoo
対応フォーマットフルサイズ最大撮影倍率1:3.1 (WIDE) / 1:3.8 (TELE)
焦点距離28-200mmフィルター径Φ67mm
開放絞りF2.8-5.6手振れ補正なし
最小絞りF16-32サイズΦ74 × 117mm
絞り羽根7枚質量約575g
最短撮影距離0.19m (WIDE) / 0.8m (TELE)発売時期2020年6月
タムロンオンラインストア価格:85,800 円(税込)  ※2022/7/18時点
おすすめの理由3点

①幅広いシーンに対応できる広い焦点域
②小型軽量
③画質

それぞれ見ていきましょう。

①幅広いシーンに対応できる広い焦点域

広角28mmから望遠200mmまで1本で対応できるというのがこのレンズの魅力です。風景、スナップ、ポートレートから屋外スポーツまで何でも撮れるレンズです。

特に広角端の28mmはF2.8という明るさを持っているため、大三元レンズと同じような明るさとボケを楽しむことができます。

1本で広角から望遠まで対応できるため、ほとんどこれ1本で変えなくてすむでしょう。

旅行など荷物を増やしたくない場面で活躍します。

②小型軽量

いわゆる便利ズームと呼ばれる高倍率ズームレンズは、重く大きくなりがちでした。ソニー純正レンズの24-240はサイズΦ80.5 x 118.5、質量780gという大きさです。

焦点距離の範囲が狭いとはいえ、200gの差は持ち運びやすさに影響します。

特に広角側を割り切っても持ち運びやすさを優先したい、という方におすすめです。

③画質

便利ズームとよばれる高倍率ズームレンズは、1本で済ませられるため便利ではあるけれど、画質はそれなり、とうのが定説でした。特に周辺画質は急峻に落ちることが多かったです。

ところがこのレンズは便利ズームとは思えないほど画質が上がっています。

特に望遠端の周辺までMTF 70%以上を保っているのは高級な大三元レンズや単焦点レンズにも匹敵するレベルです。

画質に妥協することなく使える便利ズームといえるでしょう。

苦手なシーン・物足りないところ

ここまでなんにでも使えそうな便利ズームですが、欠点があります。それは明るさです。

このレンズは焦点距離を変えるとF値も変化します。その対応は下記のとおりです。

焦点距離28mm35mm50mm70mm85mm100mm135mm150mm200mm
F値F2.8F3.2F3,5F4.0F4.5F4.5F5.0F5.6F5.6

F2.8は28mm広角端だけで、それ以降F値が落ちていきます。

特に70m以降はF4を超えてくるため、中望遠以降は暗さが気になってきます。明るい日中であれば問題ありませんが、薄暗い時間・場所や夜景、室内などは手持ちで撮るのが難しくなります。

また28mmスタートの広角側も物足りなく感じることがあるでしょう。

風景や集合写真など広く撮りたい場面で割り切ることになります。

その場合は、1本追加で広角の単焦点レンズを持って行くとよいでしょう。

\4日間限定配送料無料!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!

2.まとめ

この記事では、α7IVユーザーへおすすめの3rd partyレンズをご紹介しました。

📷SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN
⇒超小型軽量の大三元ズームレンズ
📷TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2
⇒SIGMAとTAMRONの性格の違う標準ズーム大三元レンズ
📷TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD
⇒TAMRONの小型軽量便利ズーム

3rd partyレンズのいいところはなんといっても価格が安いことです。

性能やbodyとの相性は純正に及ばないことがありますが、そのあたりを理解して納得した上で使ってみる、というのはおおいにアリだと考えます。

3rd partyレンズをまずは使ってみて、物足りない点が出てきたら他のレンズを追加したり、買い替えたり、というステップの踏み方でもいいでしょう。

\純正レンズも安く買おう/

今後も純正、3rd party問わず、撮影シーンごとにおすすめのレンズを紹介していきたいと思います。

▼他にもα7IV関連はこちらから
ご紹介した人気のカメラボディはこちら
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!
タイトルとURLをコピーしました